トップページ >> 【野生動物について】野生動物による被害について

野生動物について

野生動物による被害について

近年、全国的に野生動物による被害が増加しています。

熊本市においても、イノシシやドバト等の野生動物による被害が増加しており、熊本市動物愛護センターにも多くの相談が寄せられています。

時には、被害を軽減させるために捕獲したいといった相談を受けることもあります。しかし、捕獲しても被害がなくなることはありません。それは、被害がある場所には、『動物をひきつける原因』が存在するからです。そのような場所では、捕獲しても、別の個体がやってきて被害を起こします。

被害を軽減させるためには、『動物をひきつける原因』を見極めて、その原因を取り除いたり、物理的に動物が近づくことができないように工夫したりするなど、適切な防除対策を施すことが大切になります。

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」により野生動物を捕獲することは原則禁止されています。皆さんも被害を防ぐために、個人または地域ぐるみで防除対策を徹底してください。

防除方法

野生動物を捕獲し、数自体を減らすことも被害を防ぐ手段の一つですが、それ以上に野生動物を寄せ付けないことが被害を防ぐ最も重要な手段になります。

熊本市において多く被害が見られるものについて対策方法を紹介しますので参考にしてください。

  • イノシシの対策
  • カラスの対策
  • ドバトの対策
  • サルの対策

有害鳥獣の捕獲許可について、詳しく知りたい方は熊本市動物愛護センターまでお問い合わせください。 ただし、捕獲が認められるのは、被害があり、防除対策を講じても被害が軽減しない場合にかぎられています。

ページトップへ