飼い主さんへ

犬の登録・注射について

一つ前のページに戻る

狂犬病予防注射について

生後91日以上の犬を飼っている方は、毎年1回、その犬に狂犬病予防注射を受けさせてください。

予防注射の接種期間は、毎年4月1日から6月30日までの間です。
(これ以外の時期に犬を飼い始めた場合などは、その犬を飼い始めた日から30日以内に予防注射を受けさせてください。)

接種後、狂犬病予防注射済票の交付を受けてください。
交付された狂犬病予防注射済票は必ず犬の首輪等に装着してください。(迷子札としても活用できます。)

また、狂犬病予防注射済票を破損・紛失した場合は再交付が必要です。

狂犬病予防注射が受けられるところ

  1. 狂犬病予防集合注射の会場(毎年4月ごろに実施しています)
  2. 熊本市動物愛護センター(熊本市東区小山2丁目11-1)
  3. 動物病院

狂犬病予防集合注射の会場、熊本市動物愛護センター、熊本市内の動物病院で接種する場合には、同時に注射済票の交付を受けることができます。

熊本市外の動物病院で接種した場合は、同時に注射済票の交付を受けることはできません。
後日、熊本市動物愛護センター(熊本市東区小山2丁目11-1)にて注射済票の交付を受けてください。

注射済票の交付手続きに必要なもの
  1. 動物病院から発行された注射済みの証明書
  2. 「犬の登録と狂犬病予防集合注射のおしらせ」ハガキ(※)
  3. 犬の狂犬病予防注射済票交付手数料 500円
(原則として、熊本市動物愛護センター窓口での受付となります。郵送による手続きをご希望の方はご相談ください。)

狂犬病予防注射料

3,000円

狂犬病予防集合注射会場、または、熊本市動物愛護センターで接種した場合の費用です。
動物病院で接種する場合、費用等については各動物病院にお問い合わせください。

予防注射を受けるときに必要なもの

  1. 狂犬病予防注射料
  2. 「犬の登録と狂犬病予防集合注射のおしらせ」ハガキ(※)

「犬の登録と狂犬病予防集合注射のおしらせ」ハガキについて
登録を済ませている犬の飼い主の方に対して、例年3月中に「おしらせハガキ」を郵送しています。このハガキは、狂犬病予防注射および注射済票交付手続きの際に必要となりますので、必ず持参してください。
登録をお済みでない場合、「おしらせハガキ」は郵送されておりません。受付に未登録であることをお伝えください。犬の登録手続き後、狂犬病予防注射を実施します。

ページトップへ