トップページ >> 【飼い主さんへ】犬・ねこを迷子にしないで! >> それでも迷子になった時はどうすればいいの?

飼い主さんへ

犬・ねこを迷子にしないで!

一つ前のページに戻る

それでも迷子になった時はどうすればいいの?

迷子になったら
すぐに熊本市動物愛護センター&最寄りの警察へ連絡をしてください!

「そのうち帰ってくるだろう」では手遅れになります。その間にも、交通事故や殺処分など、愛犬・愛ねこの命が危険にさらされています。迷子になったら、すぐに捜しはじめることが重要です。
(熊本市動物愛護センター TEL:096-380-2153)

お近くの保健所へも連絡を!

お住まいが熊本市近隣の市町村に近い場合、その地域を管轄する保健所に動物が保護されていることがあります。熊本市動物愛護センターへの連絡と合わせて、お近くの市町村を管轄する保健所へも連絡をしてください。

熊本県内の保健所一覧

そのほかに、自分にもできることはありますか?

写真入りポスターの記入例

写真入りのポスター(記入例)

人の集まる場所に、許可等を受けて写真入りのポスターなどを掲示する、新聞などの投稿欄に、迷子動物の情報を掲載するなども効果的です。また、動物病院やペットショップなどに、保護した方からの情報が寄せられていることもあります。
迷子の犬を捜すときのコツ

迷子になった犬は、無目的に歩き続け、どんどん離れていってしまいます。
いなくなった場所を中心に、同心円を描くように捜していくと効果的です。また、いつものお散歩コースでお気に入りの場所、オス犬の場合はメス犬を飼っているお宅の近くなども捜してみましょう。

迷子の猫を捜すときのコツ

ねこは、体調が悪かったり慣れない場所に迷い込んだ場合、暗くて狭いところでじっとしている習性があります。
いなくなった場所の付近で、身を隠せるような場所を重点的に探すと効果的です。特に、室内飼いのねこは、外に出ても遠くに行かないことがほとんどです。物置の中、冷暖房の室外機の下、植え込みの中、ビルのすき間など、まずは家の周囲を重点的に探してみましょう。

ページトップへ