トップページ >> 【よくある質問】

よくある質問

動物愛護センターに関すること

動物愛護センターへの行き方は?(行き方)

お車でのお越しが便利です。
詳しい場所やバスでのお越しの方は、『案内地図』をご覧下さい。

動物愛護センターの業務内容を教えてください。(業務内容)

熊本市動物愛護センターは、熊本市役所の保健所の一部です。
動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)、狂犬病予防法関連の業務を行っています。
詳しくは『業務内容』をご覧下さい。

動物愛護センターの業務時間を教えてください。(業務時間)

平日(土日祝日および年末年始を除く)の午前8時30分~午後5時15分です。
ただし、犬・猫の見学時間は午前10時~午後4時(正午~午後1時を除く)となっております。見学にお越しになる前に、お電話にてご連絡をお願いいたします。

保健所では動物の引取り業務を行わないのですか?(保健所での引取り)

保健所の業務のうち、動物に関することについて熊本市動物愛護センターで行っています。

動物愛護センターに犬が保護された場合、何日くらい保護されますか?
(センターでの犬の保護期間)

動物愛護センターに保護された場合、公示期間(飼い主さんを探すために告示文書を貼り出す期間、2日)を定め、保護されます。その期間中、動物愛護センターのホームページに写真付きで掲載します。
ページトップへ

犬・猫の譲渡に関すること

動物愛護センターに収容されている犬・猫を見学できる日や時間はいつですか?(犬・猫の見学について)

平日(土日祝日および年末年始を除く)の午前10時~午後4時(正午~午後1時は除く)に見学することができます。
見学については、動物愛護センターへご確認ください

動物愛護センターで犬・猫の譲渡を受けたいのですが…。
(犬・猫の譲渡について)

平日(土日祝日および年末年始を除く)の午前10時~午後4時(正午~午後1時を除く)に、動物愛護センターにて譲渡を行っています。

譲渡に関して詳しくはこちら

休日譲渡会について知りたい。(休日譲渡会について)

見学や譲渡は、平日も可能ですが、平日に動物愛護センターへ来られない方のために、不定期で月に1回程度、休日に譲渡会と譲渡前講習会を行っています。これらの開催状況は、変更になる場合がありますので、事前にホームページや市政だよりでご確認ください。
詳しくは「犬・猫の飼い主さん募集」をご覧下さい。
なお、熊本市動物愛護センターで収容している犬・猫の譲渡会であり、センターに収容されていない動物(個人が飼っている動物や保護している動物など)を連れて来て譲渡することはできません。
ページトップへ

犬・猫をみつけたとき

迷子の犬を保護した場合、どうすればいいですか?
(迷子の犬を保護したときは)

迷子や傷病(怪我や病気)の犬を保護した場合は、保護した場所が市内であれば、動物愛護センターおよび最寄の警察署(または交番・駐在所)へ連絡してください。

動物愛護センターで犬が行方不明になった飼い主さんからの届出情報と照合し、飼い主さんと連絡をとります。飼い主さんの情報がない場合や保護した人が継続して保護出来ない場合は、動物愛護センターが引取りを行います。

市外で保護した場合は、その場所を管轄する県の保健所、警察署に連絡してください。

迷子の猫を保護した場合、どうすればいいですか?
(迷子の猫を保護したときは)

動物愛護センターまたは最寄の警察署(または交番・駐在所)へご連絡ください。
なお、動物愛護センターで保護することは出来ません。
傷病(怪我や病気)の猫の場合は動物愛護センターで保護することが出来ます。

犬がうろついていて怖いのですが…。(犬がうろついているときは)

依頼があれば動物愛護センター職員が保護を試みますので、詳しい場所、ご住所、お名前、お電話番号をお伝えください。

◆平日(土日祝日および年末年始を除く)の午前 8 時 30 分~午後 5 時 15 分の場合
動物愛護センター(096-380-2153)

◆上記以外の時間の場合
熊本市役所守衛室(096-328-2111)

また、人に襲いかかる・咬み付くなど危険な場合は、最寄の警察署(または交番・駐在所)に通報してください。

道路に負傷した犬・猫がいます。どうすればいいですか?
(ケガをした犬・猫をみつけたときは)

まだ生きているのであれば動物愛護センターで保護しますので、詳しい場所や状態などを お伝えください。

◆平日(土日祝日および年末年始を除く)の午前 8 時 30 分~午後 5 時 15 分の場合
動物愛護センター(096-380-2153)

◆上記以外の時間の場合
熊本市役所守衛室(096-328-2111)

道路で動物が死んでいました。(道路で動物が死んでいたときは)

道路上で所有者不明の動物が死んでいる場合、市が回収します。地区ごとに問い合わせ先が異なりますので、下記の問い合わせ先をご確認の上、ご連絡ください。

<熊本地区(植木地区を除く)>
◆ごみゼロコール (電話:0570-00-5374)
※受付時間:午前8時30分~午後5時まで(日・年末年始は休み)

<植木地区>
◆北区土木センター 植木地域整備室 (電話:096-272-1115)
※受付時間:午前 8 時 30 分~午後 5 時 15 分(土日祝日および年末年始を除く)

※道路上以外で死んでいる場合は、死体がある場所の管理者で対応していただくことになります。

ページトップへ

飼っている犬・猫のこと

飼っている犬・猫が迷子になってしまった場合、どうすればいいですか?(犬・猫が迷子になったときは)

至急、動物愛護センターまでご連絡ください。
警察で保護されている場合もありますので、最寄の警察署(または交番・駐在所)へも届出てください。
動物愛護センターで保護されている犬・猫の情報はこちら
「そのうち帰ってくるだろう」では手遅れになります。その間にも、交通事故や殺処分など、愛犬・愛猫の命が危険にさらされています。また、どんどん遠くへ行ってしまい、見つけにくくなってしまいます。迷子になったら、すぐに捜しはじめることが重要です。詳しくは「それでも迷子になった時はどうすればいいの?」をご覧下さい。

飼い犬が人を咬んでしまったら、どうすればいいですか?
(犬が人を咬んだときは)

犬の飼い主は、咬傷事故発生届を動物愛護センターに提出しなければなりません。その犬が狂犬病であるかないかの鑑定を動物病院の獣医師にしてもらってください。
後日、鑑定書を提出していただくことになります。
まずは動物愛護センターにご連絡ください。

飼っていた動物が死亡しました。動物愛護センターで火葬してもらえますか?(動物の火葬について)

熊本市では、現在ご家庭等で飼われていた動物の遺体の引取りは行っておりません。民間のペット霊園などをご利用ください。

飼っていた動物が飼えなくなりました。引取ってもらえますか?
(動物の引取りについて)

動物を手放す前に、本当に飼い続ける方法はないのか、家族全員でもう一度考えてください。

例)
  • 引っ越しするから飼えない → 動物飼育が可能な物件へ引っ越す
  • 咬む・言うことをきかない → しつけの専門家等に相談し、改善を試みる。
    飼い主側に責任や原因があることも多い
  • 動物が病気になった → 動物病院へ相談する
  • 繁殖して増えすぎた → これ以上増えないように不妊去勢手術をする
動物の愛護及び管理に関する法律により、動物を飼い始めたら、家族の一員として最後まで面倒をみること(終生飼育)が飼い主の責務として定められています。
安易に動物愛護センターへ引取りを依頼するようなことは絶対にしないでください。
万が一、飼い続けることが難しくなった場合は、飼い主の責任として自ら新しい飼い主を探してください。

新しい飼い主探しの方法 例)
  1. 友人、知人、親戚にあたる
    身近な人の中でその動物を欲しがっている人を探しましょう
    他にも思い当たる人がいたら連絡をもらえるように頼みましょう
  2. ポスターを貼る
    商店街、スーパー等のお店や動物病院などにお願いしてみましょう
  3. 新聞、タウン誌の広告等を利用する(有料)
    多くの人の目に留まるところが利点です
    写真付きで掲載すると伝わりやすいです
  4. インターネットの情報サイトを利用する
    インターネットには様々なサイトがあります
動物の命がかかっています。飼えない事情があったとしても、最後まで努力を惜しまないでください。


「動物の愛護及び管理に関する法律」では、以下の場合には都道府県等は飼い主からの引取りを拒否できるとしています。

  1. 犬猫等販売業者から引取りを求められた場合
  2. 引取りを繰り返し求められた場合
  3. 子犬や子猫の引取りを求められた場合であって、繁殖制限措置を講じる旨の指導に応じない場合
  4. 犬猫の高齢化・病気等を理由により引取りを求められた場合
  5. 犬猫の飼養が困難であるとは認められない理由により引取りを求められた場合
  6. 引取りを求めるに当たって、あらかじめ新たな飼い主を探す取組をしていない場合

譲渡先を探したが見つからないなど、どうしても新しい飼い主が見つからない場合は動物愛護センターにご相談ください。

ただし、動物愛護センターへの引取りは最終的な手段です。 引取りを希望する場合は事前の相談が必要で、引取りには手数料が必要です。

1頭につき2,000円(生後91日未満 400円)
1頭につき1,000円(生後91日未満 200円)

引取りを希望する場合は必ず事前にご相談下さい。動物愛護センターの収容状況などにより、急な引取りには対応できない場合があります。

また、一度引取りされた犬・猫は、いかなる理由があってもお返しすることができません。その後のお問い合わせもお受けできません。
動物を捨てることは犯罪です。動物の遺棄は 1 年以下の懲役又は 100 万円以下の罰金に処せられることがあります。

ページトップへ

犬の登録・狂犬病予防注射に関すること

犬の登録について知りたい。(犬の登録について)

生後90日を過ぎた犬の飼い主さんは、犬の登録申請をしなければなりません。
犬を飼う場合は、狂犬病予防法に基づき、生後90日を経過した飼い犬について登録が義務付けられており、鑑札の交付を受けなければなりません。また、交付を受けた鑑札は飼い犬の首輪等に装着することが義務付けられています。

詳しくはこちら

犬の狂犬病予防注射について知りたい。(犬の狂犬病予防注射について)

犬を飼う場合は、狂犬病予防法に基づき、生後90日を経過した飼い犬について1年に1回狂犬病の予防注射が義務付けられています。

詳しくはこちら

飼い犬が死亡しました。何か手続きが必要ですか?
(犬が死亡した場合の手続き)

犬が死亡したときは、犬の登録を抹消するために死亡届の提出が必要になります。
詳しくはこちら

犬の鑑札(または狂犬病予防注射済票)を紛失したので、再交付してほしい
(犬の鑑札・注射済票の再交付手続き)

犬の鑑札や注射済票は、犬の首輪等につけておくことが狂犬病予防法で定められています。
紛失したり、損傷した場合は再交付の手続きを行ってください。

詳しくはこちら

犬の飼い主に変更(住所・氏名等)があった場合の手続きについて知りたい。(犬の登録の変更手続き)

犬の飼い主に変更(住所・氏名等)があった場合、犬の登録事項変更届を提出してください。

詳しくはこちら

狂犬病の予防注射を受け、狂犬病注射済証明書をもらった場合の手続きについて知りたい。(狂犬病予防注射後に紙の証明書をもらったときは)

動物病院で狂犬病の予防注射を受けた際、狂犬病注射済証明書(紙の証明書)を発行される 場合があります。その場合は、狂犬病予防注射済票(金属板)の交付を受ける必要があります。動物愛護センターまで狂犬病注射済証明書を提出してください。
その際、狂犬病予防注射済票の交付手数料として 500 円が必要になります。
詳しくはこちら
ページトップへ

動物取扱業に関すること

動物取扱業を営もうと考えています。必要な資格などはありますか。
(必要な資格について)

動物取扱業を営む場合「動物取扱責任者」を事業所ごとに専属で配置しなければなりません。(常勤職員の中から1名以上)
また、「動物取扱責任者」は、要件を満たしていなければならず、そのことを証明する書 類の提出が必要です。要件を満たしていない場合、登録申請を行うことができません。
詳しくは動物取扱責任者についてをご覧ください。

自宅で飼っている動物に子どもを産ませて売りたいのですが…
(動物を繁殖させて販売するには)

動物取扱業の「販売」に該当しますので、動物取扱業の登録申請を行ってください。

詳しくは動物取扱業者の方へをご覧ください。

ペットショップを経営する予定です。ペット販売とペット美容室の2つを、同一事業所で行おうと考えているのですが…
(ペット販売と美容室を同じところで営むには)

動物取扱業を営む場合は、事業所・業種ごとの登録が必要です。
ペット販売は「販売業」、ペット美容室は「保管業」にそれぞれ該当するため、1事業所において2件の登録が必要となります。なお、2件の申請を同時に行う場合は、若干ですが手数料がお安くなります。動物取扱業登録申請書については、業種ごとにそれぞれ作成してください。

詳しくは新規登録をご覧ください。

ペット美容室を経営しています。近々新たに2店舗目をオープンしようと考えています。どのような手続きが必要ですか?
(新たに2店舗目を開業するには)

動物取扱業を営む場合は、事業所ごとの登録が必要です。よって、2店舗目の事業所について、新たに登録の手続きを行ってください。

なお、動物取扱責任者については、事業所ごとに専属で配置する必要があります(常勤職員の中から 1 名以上)。他事業所との兼務は出来ませんのでご注意ください。

ペットショップを経営しています。近々移転オープンしようと考えているのですが、どのような手続きが必要ですか?(事業所を移転するには)

飼養施設、もしくは飼養施設を有する事業所を移転する場合は、登録の取り直しが必要です。 現在登録を受けている事業所について廃業等の届出を行った後、移転先の事業所について新規登録の手続きを行ってください。

自宅で犬のブリーダーをしています。今度引っ越すことになったので、申請者住所の変更の届出をしたいのですが…(申請者の住所を変更するには)

飼養施設、もしくは飼養施設を有する事業所を移転する場合は、登録の取り直しが必要です。 自宅ブリーダーの場合、自宅が飼養施設となっていますので、引越しの際は、申請者住所の変更届ではなく、引越し先についての新規登録手続きが必要となります。
ページトップへ

その他

負傷した野生動物がいます。どうすればいいのですか?
(野生動物の引取りについて)

動物愛護センターでは、野生の生物を扱っておりません。
熊本県内で弱ったり傷ついたりした野生動物は、熊本県の施設である熊本県鳥獣保護センターで保護し、収容しています。
ただし、受け入れられない場合もありますのでご注意ください。

詳しくは下記までお問合せください。
熊本県鳥獣保護センター(電話:096-282-2651)
熊本県自然保護課(電話:096-333-2275)

野生動物に触れる際は素手で触らないようにしましょう。

ページトップへ

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンにAdobe Readerがインストールされている必要があります。 Adobe Readerは無料で利用できます。