トップページ >> 【ふれあいイベント】ふれあい訪問教室

ふれあいイベント

ふれあい訪問教室

写真

熊本市動物愛護センターには、飼い主に見放された犬猫が多く収容されています。 なぜ、多くの犬猫が愛護センターに収容されているのか…。 それは、見た目のかわいさやブームを追いかけて安易な気持ちでペットを飼う人がたくさんいるからです。また、犬猫を人間の身勝手な理由で、処分してほしいと動物愛護センターに持ち込んだり、捨てたりといった人がいるのも事実です。

そこで、熊本市動物愛護センターでは、不幸な犬猫が少しでも減るようにと啓発活動を行っています。 特に小さい頃の動物とのふれあいは、動物愛護の精神を育むのに重要なことです。

そのため、熊本市動物愛護センターでは、犬や学校で飼育している動物(ウサギ、ニワトリ)について知識を深め、触れ合うことで命の大切さや、他人を思いやる気持ちを育んでもらいたいと思い、ふれあい訪問教室を実施しています。


熊本市動物愛護センターでは、小学生、中学生を対象に以下の4つのコースを設けています。
  1. ワンちゃんとふれあおうコース
  2. 盲導犬を知ろうコース
  3. 動物の飼い方、接し方を学ぼうコース
  4. 犬と仲良く暮らそうコース

ワンちゃんとふれあおうコース

動物愛護センターに保護されている犬たちと仲良くなるとともに
命の大切さを学ぶコースです。
  • わんちゃんとふれあおうコース 写真
  • わんちゃんとふれあおうコース 写真
  • わんちゃんとふれあおうコース 写真

写真をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます

内容

心臓の音を聴く

犬、自分、お友達それぞれの心臓の音を聴診器で聴いてもらいます。
みんな早さは違うけれども、みんな同じように心臓があってきちんと生きているということを感じてもらいます。

犬と触れ合う

犬との接し方(どんなことをされたら嫌かなど)を知り、犬と触れ合うことで犬のぬくもりを感じてもらいます。

絵本

動物愛護センターの職員がすべての犬が幸せになるように願って作った絵本『ハッピー』を読みます。

動物愛護センターについて

愛護センターの仕事について紹介します。
どうして、愛護センターにはたくさんの犬、猫がいるのかお話します。

ページトップへ

盲導犬を知ろうコース

盲導犬使用者による盲導犬の仕事を紹介するコースです。
  • 盲導犬を知ろうコース 写真
  • 盲導犬を知ろうコース 写真

写真をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます

内容

盲導犬使用者の話

盲導犬使用者の方から、盲導犬の仕事についてお話していただき、盲導犬について知識を深めます。

盲導犬に出会ったら?

盲導犬に出会ったとき、『どうしたらいいのか』『どんなことをしてはいけないのか』をデモンストレーション形式で紹介します。

ページトップへ

動物の飼い方接し方を学ぼうコース

獣医さんによる学校飼育している動物について学ぶコースです。
  • 動物の飼い方接し方を学ぼうコース 写真
  • 動物の飼い方接し方を学ぼうコース 写真

内容

学校で飼育している動物(ウサギやニワトリ等)について獣医さんから、飼養している動物の習性や飼育方法についてお話していただき、知識を深めます。

ページトップへ

犬と仲良く暮らそうコース

犬のしつけインストラクターによる実演コースです。
  • 犬と仲良く暮らそうコース 写真
  • 犬と仲良く暮らそうコース 写真

写真をクリックすると
拡大写真がご覧いただけます

内容

しつけインストラクターが、犬のしつけ方や犬と楽しく暮らす方法を教えます。
また、実際に犬の立場になってしつけをうけることで、犬の気持ちを理解すると同時に相手の気持ちになって考えるということの大切さを学びます。

ページトップへ