トップページ >> 【動物取扱業について】動物取扱責任者について

動物取扱業について

動物取扱責任者について

動物取扱責任者の配置について

事業所ごとに「十分な技術的能力」及び「専門的な知識経験」の双方を有する者のうちから専属の動物取扱責任者を、常勤職員の中から1名以上配置することが義務付けられています。(他の事業所との兼務はできません。)

動物取扱責任者の要件

動物取扱責任者は、次のいずれかの要件を満たす必要があります。
ただし、令和2年5月31日までにすでに第一種動物取扱業者として登録済みの場合は、令和5年(2023年)5月31日までに動物取扱責任者が次のいずれかの要件を満たす必要があります。
  1. 獣医師

    獣医師免許を取得していること

  2. 愛玩動物看護師免許

    愛玩動物看護師免許を取得していること

  3. 半年以上の実務経験 + 所定の学校の卒業

    営もうとする動物取扱業の種別に係る半年間以上の実務経験(常勤の職員として在職するものに限る。)、かつ、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について、一年間以上教育する学校その他の教育機関を卒業していること

  4. ・半年以上の実務経験
    実務経験 認められる業種
    • 「実務経験」は「取り扱おうとする動物ごとに実務経験と同等と認められる1年間以上の飼養に従事した経験」に代えることができます。
    販売(飼養施設あり) 販売 保管 貸出し    
    販売(飼養施設なし) 販売(飼養施設を有さないものに限る) 保管(飼養施設を有さないものに限る)      
    保管(飼養施設あり)   保管      
    保管(飼養施設なし)   保管(飼養施設を有さないものに限る)      
    貸出し 販売 保管 貸出し    
    訓練(飼養施設あり)   保管   訓練  
    訓練(飼養施設なし)   保管(飼養施設を有さないものに限る)   訓練(飼養施設を有さないものに限る)  
    展示   保管     展示
  5. ・所定の学校の卒業

    営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について、一年間以上教育する学校その他の教育機関を卒業していること

    教育機関 認められる業種(一例)
    • 教育機関によっては要件として認められない場合がありますので、事前に熊本市動物愛護センターへご確認ください。
    獣医学科 販売 保管 貸出し 訓練 展示
    大学(畜産学科) 販売 保管 貸出し   展示
    トリマー養成学校※   保管      
  6. 半年以上の実務経験 + 所定の資格の取得

    営もうとする動物取扱業の種別に係る半年間以上の実務経験(常勤の職員として在職するものに限る。)、かつ、公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること

  7. ・半年以上の実務経験   

    半年以上の実務経験と同じ

  8. ・所定の資格の取得

    公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること

    動物取扱責任者の要件を満たしている資格の一例
    資格 団体名 認められる業種(一例)
    • 上記以外の資格によっては要件として認められない場合がありますので、事前に熊本市動物愛護センターへご確認ください。
    愛玩動物飼養管理士
    (1・2級)
    社団法人日本愛玩動物協会 販売 保管 貸出し 訓練 展示
    家庭動物管理士
    (2015年3月までは家庭動物販売士)
    一般社団法人全国ペット協会 販売 保管 貸出し   展示
    JAHA認定家庭犬しつけインストラクター 社団法人日本動物病院福祉協会 販売 保管 貸出し 訓練 展示
    公認訓練士 社団法人日本警察犬協会   保管   訓練  
    公認訓練士 社団法人ジャパンケネルクラブ   保管   訓練  
    愛犬飼育管理士 社団法人ジャパンケネルクラブ 販売 保管 貸出し 訓練 展示
    GCT
    (Good Citizen Test)
    優良家庭犬普及協会   保管   訓練  
    トリマー
    (初級、中級、上級、教師)
    一般社団法人全日本動物専門教育協会 販売 保管 貸出し 訓練 展示
    動物看護師
    (初級、中級、上級、教師)
    一般社団法人全日本動物専門教育協会 販売 保管 貸出し 訓練 展示
    家庭犬訓練士
    (初級、中級、上級、教師)
    一般社団法人全日本動物専門教育協会 販売 保管 貸出し 訓練 展示
    動物介在福祉士
    (初級、中級、上級、教師)
    一般社団法人全日本動物専門教育協会 販売 保管 貸出し 訓練 展示
    ペットシッター士
    (平成21年4月以降に取得したものに限る)
    NPO法人日本ペットシッター協会   保管   訓練  
    認定ペットシッター ペットシッタースクール   保管   訓練  
    動物取扱士(3級) NPO法人九州鳥獣保護協会 販売 保管 貸出し 訓練 展示
ページトップへ

動物取扱責任者の役割

  • 自ら勤務する事業所において、動物及び施設の管理が適正に行われるよう職員を監督する。また、動物及び施設の管理に関して不備又は不適事項を発見した場合は、動物取扱業者に改善を進言する。
  • 動物取扱責任者研修において得た知識及び技術について、他の職員全員に伝達し習得させる。
ページトップへ

動物取扱責任者研修について

動物取扱責任者は、自治体が開催する研修会を受講しなければなりません。
研修会の開催にあたっては、熊本市動物愛護センターから各事業所にご案内します。
研修内容
  • 動物の愛護及び管理に関する法令(条例を含む)
  • 飼養施設の管理に関する方法
  • 動物の管理に関する方法
ページトップへ