新着情報

2019/9/18
負傷猫を保護しました
2019/9/9
動物愛護週間 2019 ~in 動植物園~
2019/9/5
迷子犬を保護しました
2019/8/26
9月29日(日)休日譲渡会のお知らせ
2019/7/31
当センターにて譲渡を希望される方は、譲渡対象者の基準を事前にご確認ください。

負傷猫を保護しました

負傷猫を保護しました

動物愛護週間 2019 ~in 動植物園~

9月20日~26日は動物愛護週間です。ペットを飼っている人も飼っていない人も、家族そろって動物と子どもの遊び空間に来てみませんか?


場所:熊本市動植物園

期日:9月23日(祝)

参加費:無料(入園料は必要)


※詳細は下記をクリックしてください。

動物愛護週間 2019 ~in 動植物園 

迷子犬を保護しました

迷子犬を保護しました

犬が迷子になっている場合は096-380-2153までご連絡ください。

9月29日(日)休日譲渡会のお知らせ


犬と猫の休日譲渡会を開催します!
 当センターでは現在たくさんの犬・猫たちを保護しています。1頭でも多く、良い飼い主さんとの出会いが見つかることを願い、休日譲渡会を開催します。特に今の季節は多くの子猫が譲渡対象となっております。終生飼養できる方、ぜひお越しください。






◆会場:熊本市動物愛護センター(東区小山2-11-1)
◆日程:平成31年9月29日(日)
◆譲渡前講習会:午前10時~11時
 ※犬の譲渡希望者は受講必須(時間厳守)
◆譲渡会:(犬)午前11時~11時30分
     (猫)午前10時~11時30分

【犬の譲渡をご希望される方へ】
当センターが実施している譲渡前講習会を受けていない方には譲渡できません。
講習会を受けていない方は、当日10時から実施される譲渡前講習会
(受付時間:午前9時30分~10時)を受けてから譲渡会に参加してください。
譲渡の際には、犬の登録手数料3,000円及び狂犬病予防注射料金3,000円が
必要となります。
時間厳守で始まりますので、開始の10分前までにはお越しください。

【猫の譲渡をご希望の方へ】
猫の譲渡をご希望される方は、講習会や費用等は必要ありません。
午前10時から見学・譲渡できます。


【譲渡の条件について】
犬ねこの譲渡は、過去の飼育状況と犬ねこを迎え入れようとされているご家族の現在の環境および状況をお伺いしての判断になります。
譲渡の手続きは、新しく飼い主になることを希望されている方ご本人に行っていただきます。
集合住宅や賃貸物件にお住まいの場合、動物の飼養が認められていることが確認できる誓約書等の書類(写し可)を確認いたします。
また、やむを得ず自分で動物を飼えなくなったときに次に飼うことができる方(第二飼養者)の同意が必要など、譲渡には条件があります。
詳しくは熊本市動物愛護センター(TEL:096-380-2153)へお問い合わせください。

↓詳しい手続きについてはこちら↓
犬の飼い主さん募集
ねこの飼い主さん募集


当センターにて譲渡を希望される方は、譲渡対象者の基準を事前にご確認ください。

熊本市犬又は猫の譲渡要綱にて、一般譲渡対象者の基準を定めておりますので、当センターにて犬や猫の譲渡をご希望の方は事前にご確認いただくようお願いします。ご不明な点等ございましたら、お電話にてお問い合わせください。
(1) 原則として本市内に在住する成人であること。
(2) 非営利の目的で譲渡を受ける者であること。
(3) 犬の譲渡を受ける者は、原則、本市が実施する譲渡前講習を修了し、譲渡前講習修了証書を持つ者であること。
(4) 飼養にあたり家族全員の同意が得られていること。
(5) 終生飼養できること。
(6) 不妊去勢手術を速やかに実施し、領収書の写しを提出できること。
(7) 飼養場所が集合住宅もしくは借家の場合、動物の飼養が認められていることがわかる契約書等の書類(写しも可)を掲示できること。
(8) 適正に飼養できる環境であること。
(9) 誓約書の内容を理解し遵守できること。
(10) 氏名及び現住所が確認できる公の証明書(運転免許証、マイナンバーカード等)を提示できること。
(11) 万一飼養継続ができなくなった場合に備え、代わって飼養することができる第二飼養者(一般譲渡対象者と別世帯の60歳以下で、飼育できる環境にある者)を選定し、同意を得ていること。
(12) 現に動物を飼養している場合、その動物に不妊去勢手術を実施していること。
(13) センターが実施する譲渡後調査(現地訪問を含む。)に協力し、譲渡後報告ができること。
(14) 譲渡後速やかに動物病院で健康診断等をうけることができること。その他、センターが指導する飼養方法を遵守すること。
(15) 上記のほか、必要な事項は、別に定める。

絵本アプリ「ねこのまち」
~野良猫について考えてみませんか~

動物愛護センターでは、人と動物との共生社会の実現を目指し、取り組みの一つとして小学校で「動物ふれあい訪問教室」を実施し、収容犬とのふれあいや自作の紙芝居の読み聞かせ等、ペットの終生飼養や適正飼養の啓発を行っています。
今般、熊本県立大学飯村研究室と協働で、スマートフォンやタブレット端末を利用して、動物愛護の普及啓発に活用できる絵本アプリを開発しました。
なお、政令市では、動物愛護センターと大学でのマルチストーリー型絵本アプリ協働開発は、全国初となります。

環境省の統計によると、平成26年度に全国の保健所で引き取られた猫は97,922頭で、79,745頭が殺処分されています。
熊本市では、猫の殺処分は平成17年度は592頭でしたが、平成26年度は14頭にまで減少しました。しかし、猫に関する苦情指導件数(家庭菜園や庭を糞尿で汚された。車を傷つけられた。等)は、平成17年度には189件だったのが、平成26年度は569件となり、増加する傾向にあります。
絵本アプリは、ご家庭や学校等でもゲーム感覚で楽しみながら動物愛護について考えていただけるツールになっています。「ねこのまち」をとおして、猫との関わりあい方を考えて頂くきっかけになれば幸いです。

★ダウンロード(無料)はこちらから

App Store
Google Play
開発者等
声の出演:
熊本県立大学総合管理学部 飯村研究室 野田彩歌
絵・文 :
熊本市動物愛護センター  長野太輔
制作  :
熊本県立大学総合管理学部 飯村研究室 赤星沙織
制作協力:
熊本市動物愛護センター、熊本市教育委員会
監修  :
熊本県立大学総合管理学部 教授 飯村伊智郎

譲渡前講習会開催日のお知らせ

  • 動物愛護センターのご紹介 / 業務内容
  • 熊本地震による被害状況
  • 犬・ねこを迷子にしないで!
  • 犬・ねこを保護しています
  • 犬・ねこの飼い主さん募集
  • ふれあいイベント

スマートフォンアプリ「猫の町」
迷子札をつけよう100%運動